MENU

任意整理の流れを知って借金問題を解決する

借金の返済に困っているとしても、支払いを続けていくだけの収入があり、借金の総額も返済を見直せば何とかなりそうといった状況の方は、自己破産ではなく任意整理という手続きによる解決を行う場合が多いです。

 

任意整理はその名の通り任意での借金整理で、債権者に対して今のままでは支払いが厳しい、借りた分は支払っていく代わりに返済のプランを見直して欲しいと交渉をするものです。裁判所を介さずに債権者との直接の交渉となるので個人でも行えますが、言うまでもなく交渉力が必要となるために個人では任意整理はうまくいきません。

 

基本的に弁護士や司法書士の借金問題に強いところ、任意整理による解決実績が豊富なところに依頼をして進めてもらうものとなります。任意整理後は債権者への支払いではなく、間に入る弁護士や司法書士に対して行うのが基本です。

 

任意整理では借金の減額にも期待が持てる債務整理方法となりますが、流れとしては弁護士や司法書士に依頼をするのであれば難しいことはありません。現在の借金状況や収入、支出からどの程度までなら支払えるかを取り決め、その後は依頼を行った弁護士などが各債権者に対して通知を出します。

 

その後は債権者と依頼者の直接のやり取りはなくなるので取り立ての電話が入ることもなく、その後に決められる支払いのプランに従って毎月の返済を進めていきます。

 

自己破産とは異なり借金がなくなるわけではなく、あくまで支払いは継続をする必要がありますが、支払う金額は任意整理を行うことによって大幅に軽減される可能性があります。何とか借金は支払っていきたいと考えていても今のままでは支払いを継続するのは難しいといった方は、一度任意整理の流れについて調べてみる、または相談をしてみると良いでしょう。