MENU

事故の被害に遭って示談がうまく進んでいない場合

交通事故の被害に遭ってしまい、保険会社との示談がうまく進まないといった状況の方は決して少なくありません。示談はどうしても両者の言い分がぶつかり合ってしまうため、双方の希望内容が一致せずに示談が成立しないのは当然と言えば当然です。

 

しかし、だからと言って被害者側が妥協をして保険会社が提示する示談内容で合意をする必要はなく、正しい内容での示談が成立しないようであれば弁護士への解決依頼をすることも考えてみるべきです。面倒に思ってしまい、保険会社が出してくる示談内容で納得をしてしまうと、怪我の治療費にしても慰謝料にしても、本来獲得できるはずだった金額よりも大幅に少なくなってしまう場合もあるのです。

 

交通事故は日々多く起きており、特に事故件数が多い愛知県内においては一日あたり多くの方が事故の被害に遭っています。事故の規模や怪我の程度にもよりますが、これだけ多くの被害者が出ているにもかかわらず、しっかりとした内容での示談を進められている方は決して多くありません。

 

多くの方は面倒だから、よく分からないからと保険会社に言われるままに示談を進めているのですが、正しく怪我の治療費や慰謝料の請求をするためにも、示談を進めるにあたっては交通事故問題に強い弁護士に相談、そして依頼をした方が良いでしょう。

 

相談は無料で行える弁護士事務所なら事故の状況からどの程度の慰謝料の増額が期待できるかが依頼前に費用をかけずに分かるので、事故が多い地域となる愛知県での交通事故被害者の方は、まずは弁護士に相談をするところから始めてみましょう。